睡眠のことを考え直そう

夜の10時には寝る意識を持つ

身体を回復させる機能が発達するのは、夜の10時から夜中の2時の間だと言われます。
この時間に眠っていることで、身体を回復することに集中できます。
起きていると他のことにエネルギーを使うので、回復させるエネルギーが足りません。
翌日まで、疲れが持ち越されてしまいます。
そんな生活が続くと、寝ても疲れが取れない身体になるでしょう。

夜の10時には寝ることで、疲れていてもすぐに回復できます。
これまでは、たくさん眠ればいいと思っていた人が多かったのではないでしょうか。
ですが休みの日に、お昼まで眠っていても効果はありません。
夜に、しっかり眠ることが重要です。
自分の生活を見直して、今後は疲れにくい身体を目指してください。

寝る前の行動に注意しよう

夜10時に布団に入っても、眠れなくて困っている人が見られます。
結局布団の中でスマートフォンを操作して、眠る時間が遅くなってしまうでしょう。
スマートフォンの画面から、脳に刺激を与える光が出ています。
寝る前にスマートフォンを操作すると、余計に眠れなくなるので捜査しないでください。
同じようにテレビや、パソコンの画面もおすすめできません。

寝る前に少し時間があったら、本を呼んだリゆったりとした音楽を聴くのが効果的です。
特に良質な睡眠を促す音楽があるので、疲れが溜まっている時に利用してください。
お腹が空いて、お菓子をつまんだりラーメンなどを夜食にするのは控えてください。
胃に食べ物が入っていると、眠れなくなります。


▲ TOPへ戻る